› 群馬フラワーハイランドのブログ › 50年の歴史 › 50年の歴史 後編

2009年02月19日

50年の歴史 後編



群馬フラワーハイランド50年の歴史・続編」として

昭和59年5月6日・上毛新聞・総合ワイドに掲載された記事を

ご紹介します。





全国を歩き構想を練る

すでに変人扱いされていたが、周囲の声には耳を傾けなかった。

夢の実現に着手してから10年間で、九州から北海道まで約50~60箇所

の観光地、公園、庭園を歩き、自分の目を養ってきた。

山に植える木や草は、それらの経験をもとに、位置、形、配色などの条件を

考え合わせ、細かく計算されていった。

最初に1,000本のヤマツツジを植えた。

翌年は、栗(1,000本)続いて桜(500本)、梅(1,000本)、つつじ(3万本)

そして数え切れないほどの水仙なども・・・。

長い間温めていた構想を一気に実現させるかのように、次々と植え始めた。




待望のオープンで評価一変




昭和40年には、県下に先がけて栗園を実施。周囲の冷笑をよそに

これが大当たりだった。

昭和44年、待望のオープンにこぎつけた。と同時に「よく頑張った。」

「大したものだ。」と評価も一変。中山さんの夢は、まさに花の開花と歩調をあわせる様に

着実に実を結んできたのである。

中山さんは、「四季折々の花が、自然に咲く花園を造ることが夢でした。

自分の代で花を咲かせる夢は何とか実現できました。花は、子供みたいなもので

手を抜くと翌年に咲かなくなってしまうのです。子や孫の代で、さらに

美しい花が見られるように、これからもこまめに手入れを続けていきますよ。」

と“わが子”の成長を頼もしそうに見つめる中山さんだった。

                                     (宮川勉記者)



オープンしたての群馬フラワーハイランドはまだ、丸坊主。



現在は、全山花に包まれている。




50年前、父が人生を花に賭けて造ったこの群馬フラワーハイランド

皆様にも、花山に足を踏み入れた瞬間、父の夢が、苦労を重ねた人生が

そして家族の思いが伝わるかと思います。

花も生きています。

天候にとても左右されます。

皆々様が、花の見頃をみることは難しいかも知れません。

ですが、今日も父は、花の手入れに手を抜くことは、ありません。

皆様が喜んで頂ける事だけを願って、

家族一同、お待ちしております。




同じカテゴリー(50年の歴史)の記事画像
50年の歴史 前編
同じカテゴリー(50年の歴史)の記事
 50年の歴史 前編 (2009-02-18 17:38)

この記事へのコメント
昨日行ってきました。広い園内に紅梅や蝋梅がひっそりと咲き誇こり、春の息吹を感じてきました。長い努力の歴史がある施設だということを知り感心しました。たまたまナビで知り行った施設ですが花木の気持ちを大事にしているオーナーの意気込みを感じることのできることができました。また、出掛けてみたいと思います。
Posted by 彩人 at 2010年01月29日 11:58
彩人さんへ

遅くなって申し訳ありません。
そして、早速のコメントありがとうございます。
今年で、創立51年になり、父も71歳になりました。
どちらをとっても、古い歴史ですよね。
これから春になるにつれてどんどんお花が、咲いて
今の雰囲気と全く違う顔になりますので、是非またお越し下さい。お待ちしております。
Posted by たんぽぽたんぽぽ at 2010年02月03日 17:06
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
50年の歴史 後編
    コメント(2)